第一商業高校 軽音楽部

 
未分類

ミーティング

 
 ←テスト期間 →本日!
今日、中間考査最終日に軽音楽部の全部員、顧問の片桐先生、副顧問の先生方でミーティングを行いました。

ミーティングの内容は、
副顧問紹介、合宿の話、大会や遠征、夏の代官山Liveについてなどでした。
現在のところ決まっているスケジュールです。
6月5日:東海大浦安遠征
6月25日:朋優遠征
7月16日~18日のどれか:厚木遠征
8月7日:都大会
8月9日~13日:長野に合宿
8月23日:関東大会
8月下旬:夏の代官山Live
このように6月~8月下旬は、活動がかなり忙しいです。
また遠征も休日全部をうめる勢いで行くそうなのでもっと増えると思います。
大会まで3年生は1秒も無駄に出来ないし、2年生は3年生を越える気持ちでこのスケジュールをこなして、
1年生は自分で解決出来ることは解決して頑張ってほしいです。

そして副顧問の先生方の紹介がありました。
今年は松元先生、山口先生、福島先生に副顧問になっていただました。
片桐先生を含め、忙しい中4人もの先生が顧問というのはとてもめずらしいし、
恵まれている環境だなと思います。
また、1年生は2回目のミーティングで、まだ第一商業の軽音楽部の活動に慣れていない気がしたので
早く部活の雰囲気に慣れてバンド練習や個人練習に集中出来るようにしてほしいです。

加えて今回のミーティングはこれからのバンド活動について片桐先生が話してくださいました。
音楽の三大要素があり、その三大要素とは
鑑賞・演奏・創作 というものでした。
中でも鑑賞は1番多いと良いと言うことで、私は1日1曲だけでも普段聞かない新しい曲を聞くようにしました。
片桐先生も頻繁におすすめの曲を教えてくださいます。
私は鑑賞がまだまだ足りないので、鑑賞の時間をもっととらねばと感じました。

また、オリジナルなどで自分の作ったフレーズだけでなく、他の楽器のことをきちんと見ることも大事です。
つい自分のパートばかりに集中してしまいますが、全体を見て、他のパートのモチベーションに合わせるのも大事なことだそうです。
どのバンドにも言えることですが、そういったことを改善するためにもリズム隊の絡みをより強いものにして、
ただのバックでなく、バンドとしてのリズム隊を作りあげることはとても重要です。

私のバンドでは、Keyの主体性が強く、リズム隊がただのバックになってしまう傾向にあり、もっとバンド全体で曲に望むことが今後の課題になると思います。

そして5月もあと少しで終わるので、大会まで約2ヶ月となりました。
計画をしっかりたて、密度の濃い練習をしていくよう頑張ります。



Fiction Plot(Ba&Cho) 2年進藤珠希


もくじ   3kaku_s_L.png   未分類
*Edit   
  • 【テスト期間】へ
  • 【本日!】へ